人形感謝祭公式ブログ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第29回人形感謝祭にご来場いただいた皆様へ 、実行委員会から御礼を申し上げます。

0

    昨日、10月15日明治神宮人形感謝祭開催にあたりましてはあいにくの天候の中、皆様にお越しいただき誠に有難うございました。
    お陰様で8,600名のご来場者、納められたお人形の数は47,500体に及びました。

    お人形受付に際しては、予想を上回る多数のご来場をいただき、受付が渋滞し、冷え込む雨の中を長時間お並び、お待たせする形となり、ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

     

     

    お蔭様にて無事所定の行事を終え、閉幕することできました。

    皆様のご持参いただいたお人形たちへの感謝の想いをあらためて認識した次第です。

    重ねて御礼申し上げます。

     

     

    簡単ではございますが、御礼のご挨拶とさせていただきます。

    なお、来年第30回の開催日につきましては、あらためてお知らせ申し上げます。

    - | permalink | - | -

    無事に人形感謝祭は閉幕しました。

    0

      お陰様で、第29回明治神宮人形感謝祭は滞りなく閉幕しました。

       

       

      午前9時の開始に始まり、人形陳列、祭典、思い出人形展など大勢の皆様のご来場に支えられ、午後3時、無事に閉幕しました。

       

      今回はあいにくの天候となりましたが、ご来場された皆様の数は約8,600人。

      奉納された人形の数は約47,500体にのぼりました。

      ご来場いただいた皆様、誠に有難うございました。

      平成元年「楽しく、優しく、美しく」をテーマに始まったこの明治神宮人形感謝祭も29回を数えることができました。有難うございました。

       

      ご来場の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

       

      - | permalink | - | -

      人形感謝祭の人形受付が始まりました。

      0

        人形感謝祭の人形受付が始まりました。受付は午後3時までです。

         

        本殿前庭の受付では神宮の巫女さんと若手神官の皆様の手によって手際よく受付作業が始まっています。
        受付ではご持参のお人形と初穂料をお預かりして、「ひとがた」と神宮のご神饌、思い出人形展入場券、そして祭典参列ご希望の方々には「参列整理券」を先着300名の皆様にお渡ししています。
        お足もとの悪い天候ですが、雨にけぶる神宮は荘厳さが増しています。
        どうぞ皆様お気をつけてご来場ください。

         

         

        ▼いよいよ開場、非常に盛況になってきました。午前11時頃の状況です。

         

         

        - | permalink | - | -

        明治神宮人形感謝祭が間もなく始まります。

        0

          皆様お早うございます。

          秋の神宮はあいにくの天候になっていますが、午前9時の受け付け開始を待ちかねるように、すでに大勢の皆様が本殿前庭にお集まりです。

          皆様大事そうに奉納人形をご持参いただいています。

          いまさらに皆様のお人形に対する温かい思いが伝わってきます。





           

          - | permalink | - | -

          奉納人形の30%は雛人形、続いてぬいぐるみ28%

          0

            今年の人形感謝祭開催日の15日(日)まであと3日となりました。

             

            お手元で古くなったり、壊れたりしたお人形がございませんか?

            ぜひこの機会にご持参くださいますようご案内します。

             

             

            昨年の来場者のうち約2,400名様からの会場調査によりますと、

            収められた人形の種類では

            (1)雛人形30%%、(2)ぬいぐるみ28%、(3)その他の日本人形15%、(4)五月人形11%、(5)その他の人形11%、(6)西洋人形5%の結果が出ています。

            この数字はほぼ例年と変わりありません。

             

             

            節句のお祝いで購入・贈答された雛人形。家族の絆、懐かしい思い出がいっぱい詰まった雛人形。

            時を経て、処分するにも粗末な処分の方法はためらいます。

            そうした思いをお持ちの方々のために、感謝を込めて、礼を尽くし、安心して納める場としてこの明治神宮人形感謝祭が設けられています。

             

             

            祓い清められた人形と感謝の想いでお別れできる10月15日(日)の人形感謝祭にどうぞお出かけください。

            雨天の場合でも開催します。

            - | permalink | - | -

            人形感謝祭は雨天でも開催いたします。

            0

              人形感謝祭は雨天でも開催いたします。

               

              15日開催日の天気予報が「曇り一時雨」(11日現在)のため、開催についてのお問い合わせが多く寄せられています。

              ご案内の通り、人形感謝祭は晴雨にかかわらず開催いたします。

               

              祭典も座席数が雨天の場合は300席に制限(人形受付所にて参列整理券をお配りします)されますが、予定通り挙行いたします。

              お足元が悪い状況になるかもしれませんが、どうぞお気をつけてご来場くださいますよう、お願い申し上げます。

               

              - | permalink | - | -

              地下鉄・明治神宮前駅構内に大型ポスターを展開します。

              0

                明治神宮人形感謝祭開催まで約1週間となりました。

                事務局の開催準備作業も順調に進んでいます。

                 

                人形に感謝する会では開催告知活動の一環として10月9日(月)から感謝祭会場の明治神宮最寄りの駅、地下鉄千代田線・明治神宮前駅構内数カ所に大型PRポスターを展開します。

                 

                 

                ポスターのメイン写真は本殿にて行われる祭典と同時進行で、納められたお人形が並べられた奉鎮台前に2名の神職が立ち、厳かにお祓いをするシーンを撮影したものです。

                 

                駅構内の大型ポスターは15日の当日まで貼り出されます。機会がありましたら、ぜひご覧ください。

                - | permalink | - | -

                人形感謝祭当日英語・中国語・韓国語・(日本語)の案内チラシを配布

                0

                  神宮を訪れる外国のお客様に案内チラシを配布しています

                  ―日本の人形文化を知っていただくために―

                   

                  人形感謝祭当日、人形に感謝する会では外国人参拝者に向け、日本の人形文化を知っていただくために感謝祭の趣旨を記した英語・中国語・韓国語・(日本語)の案内チラシを配布しています。

                   

                   

                  明治神宮を訪れる参拝客は年間800万人を超え、外国人参拝客も近年著しく増加しています。特にこの10月を中心とした秋の観光シーズンには多くの方々が参拝されます。

                   

                   

                  今年で29回を数える人形感謝祭。会場の傍らでは毎年数多くの外国人が参拝され、

                  奉鎮台に並べられた人形の数の多さに驚嘆するとともに、催事の意味を係員に熱心に尋ねる光景がよく見られます。

                   

                  この案内チラシでは、人形に魂が宿るという古くからの日本独特の「人形観」や、

                  紙の「ひとがた」にその魂を移して祓い清め、人形に感謝しつつお別れするこの儀式の

                  意味などを解説しています。

                   

                  当日は案内チラシを熱心に読む外国人や、奉納された数多くの人形たちをバックに記念撮影をするなど、日本人の人形観への認識を新たにする姿が会場各所にみられます。

                   

                  この案内チラシは会場で係員が配布しています。

                  日本の皆様にも差し上げていますので、お気軽にお声をお掛けください。

                  外国の方々への日本人形文化の理解の一助となれば幸いです。

                  - | permalink | - | -

                  人形感謝祭併催の思い出人形展

                  0

                    人形納め、そして神宮ご参拝のあとは、ぜひ「思い出人形展」にお立ち寄りください。

                     

                    ▲以前の思い出人形展より

                     

                    人形に感謝する会では人形感謝祭を記念して、祭典2日前の10月13日(金)から本殿から程近い社務所特設会場にて「第23回思い出人形展」を開催します。(入場無料・9:00〜16:00、最終日のみ15:00まで)

                     

                    展示される人形は、これまでの「人形感謝祭」に納められた人形の中で歴史的、文化的に貴重な人形を、持参された方のご了解を得て大切に保存してきた数々です。(判定は人形納めの現場に立ち会う日本人形玩具学会の専門学芸員が担当しています)

                     

                    ▲以前の思い出人形展より

                     

                    この展覧会開催は、今年で23年目を迎えますが、これらの人形を通して、それぞれの時代に人々が人形に託した様々な思いを、思い出深くなつかしく観ていただき、あらためて人形の持つ文化性を見直していただきたいという趣旨で開催しています。

                    今年も、保存している人形の中から選りすぐりの品(総数約1,000点)を厳選展示いたします。人間国宝・平田郷陽(1903-1981)作の市松人形、同じく人間国宝・鹿児島寿蔵(1898-1982)の紙塑人形、さらには江戸後期(約200年前)の貴重な「享保雛」一対など、いずれも必見の品々をご鑑賞いただけます。

                     

                    また、今年は「リカちゃん」誕生50年にちなみ、1967年の初代から現在の5代にわたる歴代のリカちゃん人形も特集展示します。

                    ぜひ「思い出人形展」会場にお立ち寄りいただきたく、ご案内申し上げます。

                    ▲以前の思い出人形展に出展された「りかちゃん人形」

                    - | permalink | - | -

                    お人形を納めて頂く際には「初穂料」が必要です。

                    0

                      ◎お人形を納めて頂く際の「初穂料」について

                      古来、神様に祈りを捧げる儀式の際には農作物が奉納されてきました。
                      それらの品々はその年の最初に収穫した作物で、「初穂(はつほ)」といいます。
                      現代ではおもに金銭を申し受け致しますので、「初穂料(はつほりょう)」と呼ばれています。

                       

                      ◎人形感謝祭の初穂料は――

                      大きなぬいぐるみも、小さなお人形もその大きさに関係なく、
                      大切にしてきたひとつひとつの思い出が宿っていますね。
                      当人形感謝祭では、お人形一抱え・一件(約45リットル袋相当)につきまして、
                      金3,000円を申し受けております。
                      一抱えを超えるものにつきましては、受付係員が拝見して金額を申し上げます。
                      領収書が必要な場合はお申し付けください。


                      ◎お持ちいただくお人形についてのご注意

                      お持ちいただける「お人形」の種類は、
                      五月人形・ひな人形・ぬいぐるみ・羽子板等を含め、一般的にいう「お人形」たちです。
                      但し、ガラス・アクリル製などのケースや内蔵されている電池・バッテリー類は、
                      取り外してからご持参ください。

                      - | permalink | - | -