人形感謝祭公式ブログ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

人形感謝祭は雨天でも開催いたします。

0

    人形感謝祭は雨天でも開催いたします。

     

    15日開催日の天気予報が「曇り一時雨」(11日現在)のため、開催についてのお問い合わせが多く寄せられています。

    ご案内の通り、人形感謝祭は晴雨にかかわらず開催いたします。

     

    祭典も座席数が雨天の場合は300席に制限(人形受付所にて参列整理券をお配りします)されますが、予定通り挙行いたします。

    お足元が悪い状況になるかもしれませんが、どうぞお気をつけてご来場くださいますよう、お願い申し上げます。

     

    - | permalink | - | -

    地下鉄・明治神宮前駅構内に大型ポスターを展開します。

    0

      明治神宮人形感謝祭開催まで約1週間となりました。

      事務局の開催準備作業も順調に進んでいます。

       

      人形に感謝する会では開催告知活動の一環として10月9日(月)から感謝祭会場の明治神宮最寄りの駅、地下鉄千代田線・明治神宮前駅構内数カ所に大型PRポスターを展開します。

       

       

      ポスターのメイン写真は本殿にて行われる祭典と同時進行で、納められたお人形が並べられた奉鎮台前に2名の神職が立ち、厳かにお祓いをするシーンを撮影したものです。

       

      駅構内の大型ポスターは15日の当日まで貼り出されます。機会がありましたら、ぜひご覧ください。

      - | permalink | - | -

      人形感謝祭当日英語・中国語・韓国語・(日本語)の案内チラシを配布

      0

        神宮を訪れる外国のお客様に案内チラシを配布しています

        ―日本の人形文化を知っていただくために―

         

        人形感謝祭当日、人形に感謝する会では外国人参拝者に向け、日本の人形文化を知っていただくために感謝祭の趣旨を記した英語・中国語・韓国語・(日本語)の案内チラシを配布しています。

         

         

        明治神宮を訪れる参拝客は年間800万人を超え、外国人参拝客も近年著しく増加しています。特にこの10月を中心とした秋の観光シーズンには多くの方々が参拝されます。

         

         

        今年で29回を数える人形感謝祭。会場の傍らでは毎年数多くの外国人が参拝され、

        奉鎮台に並べられた人形の数の多さに驚嘆するとともに、催事の意味を係員に熱心に尋ねる光景がよく見られます。

         

        この案内チラシでは、人形に魂が宿るという古くからの日本独特の「人形観」や、

        紙の「ひとがた」にその魂を移して祓い清め、人形に感謝しつつお別れするこの儀式の

        意味などを解説しています。

         

        当日は案内チラシを熱心に読む外国人や、奉納された数多くの人形たちをバックに記念撮影をするなど、日本人の人形観への認識を新たにする姿が会場各所にみられます。

         

        この案内チラシは会場で係員が配布しています。

        日本の皆様にも差し上げていますので、お気軽にお声をお掛けください。

        外国の方々への日本人形文化の理解の一助となれば幸いです。

        - | permalink | - | -

        人形感謝祭併催の思い出人形展

        0

          人形納め、そして神宮ご参拝のあとは、ぜひ「思い出人形展」にお立ち寄りください。

           

          ▲以前の思い出人形展より

           

          人形に感謝する会では人形感謝祭を記念して、祭典2日前の10月13日(金)から本殿から程近い社務所特設会場にて「第23回思い出人形展」を開催します。(入場無料・9:00〜16:00、最終日のみ15:00まで)

           

          展示される人形は、これまでの「人形感謝祭」に納められた人形の中で歴史的、文化的に貴重な人形を、持参された方のご了解を得て大切に保存してきた数々です。(判定は人形納めの現場に立ち会う日本人形玩具学会の専門学芸員が担当しています)

           

          ▲以前の思い出人形展より

           

          この展覧会開催は、今年で23年目を迎えますが、これらの人形を通して、それぞれの時代に人々が人形に託した様々な思いを、思い出深くなつかしく観ていただき、あらためて人形の持つ文化性を見直していただきたいという趣旨で開催しています。

          今年も、保存している人形の中から選りすぐりの品(総数約1,000点)を厳選展示いたします。人間国宝・平田郷陽(1903-1981)作の市松人形、同じく人間国宝・鹿児島寿蔵(1898-1982)の紙塑人形、さらには江戸後期(約200年前)の貴重な「享保雛」一対など、いずれも必見の品々をご鑑賞いただけます。

           

          また、今年は「リカちゃん」誕生50年にちなみ、1967年の初代から現在の5代にわたる歴代のリカちゃん人形も特集展示します。

          ぜひ「思い出人形展」会場にお立ち寄りいただきたく、ご案内申し上げます。

          ▲以前の思い出人形展に出展された「りかちゃん人形」

          - | permalink | - | -

          お人形を納めて頂く際には「初穂料」が必要です。

          0

            ◎お人形を納めて頂く際の「初穂料」について

            古来、神様に祈りを捧げる儀式の際には農作物が奉納されてきました。
            それらの品々はその年の最初に収穫した作物で、「初穂(はつほ)」といいます。
            現代ではおもに金銭を申し受け致しますので、「初穂料(はつほりょう)」と呼ばれています。

             

            ◎人形感謝祭の初穂料は――

            大きなぬいぐるみも、小さなお人形もその大きさに関係なく、
            大切にしてきたひとつひとつの思い出が宿っていますね。
            当人形感謝祭では、お人形一抱え・一件(約45リットル袋相当)につきまして、
            金3,000円を申し受けております。
            一抱えを超えるものにつきましては、受付係員が拝見して金額を申し上げます。
            領収書が必要な場合はお申し付けください。


            ◎お持ちいただくお人形についてのご注意

            お持ちいただける「お人形」の種類は、
            五月人形・ひな人形・ぬいぐるみ・羽子板等を含め、一般的にいう「お人形」たちです。
            但し、ガラス・アクリル製などのケースや内蔵されている電池・バッテリー類は、
            取り外してからご持参ください。

            - | permalink | - | -

            人形感謝祭の祭典は本殿にて執り行われます

            0

              人形感謝祭のハイライトは11時30分から明治神宮本殿にて執り行われる祭典です。

              人形の魂を鎮める古式ゆかしい、美しくもおごそかな儀式です。

              みやびな装束を身にまとった二人の巫女による神楽「浦安の舞」が奉奏されます。

              荘厳な祭典にぜひご参列ください。

               

              ご参列は人形ご持参の方に限らせていただきますが、

              現在、明治神宮では御社殿群修復工事が進められています。

              そのため、祭典会場となる本殿については従来の参列座席数(700名)の確保が難しい状況にあります。

              現時点では座席数を調整中のため明確な数字をお知らせできませんが、

              参列ご希望の皆様はお早めに人形共々ご来場いただきますようご案内申し上げます。

               

              午前九時より人形納めの受付を開始いたします。

              先着順に参列ご希望の皆様には祭典参列整理券をお配りします。

              所定の数(後日お知らせします)に達した時点で締め切りとさせていただきます。

              どうぞよろしくお願い申し上げます。

               

              - | permalink | - | -

              秋恒例「明治神宮人形感謝祭」まで一か月

              0

                秋恒例「明治神宮人形感謝祭」まで一か月
                長く寄り添ってきてくれたお人形たちに感謝しつつ・・・

                 

                 

                ちいさな頃から大切にしてきた「お人形」たち。
                やむを得ず処分するにも、心置きなく、納得した処分ができれば・・・。
                そんな気持ちを大切にしつつ、お人形たちとお別れする儀式―――

                「第29回 明治神宮人形感謝祭」まで一か月(10月15日・日曜)となり、より多くの「お人形」を愛する方々に、お人形たちの“魂”を鎮め、感謝の気持ちを伝えながら無事にお納めして頂くことを願って、この事務局ブログを開設致しました。

                これから一か月間、随時ことしの「人形感謝祭」の準備状況や当日のご案内をお伝えしていきます。

                 

                ◎次回は今年の人形感謝祭のポイントについてお知らせします。

                 

                - | permalink | - | -